マルチメディア検定 専門学校

CG-ARTS協会が実施

マルチメディア検定とは、財団法人画像情報教育振興協会(CG-ARTS協会)
が実施している、検定試験です。

分かりやすく説明しますと、インターネットにおける、コミュニケーションに必要な知識と技能の評価をする検定試験であり、ベーシックとエキスパートがあります。


マルチメディア検定は、今後インターネットをベースとした情報化社会において、
そういった知識は必要不可欠であり、注目が高まりつつある検定試験といえます。

マルチメディア検定では、インターネットの仕組みなど、基礎的な知識から、
それを活用する媒体は、どのような物があるか、またどのように活用されているか。

さらには、今後どういった形で利用されていくか・・・そして利用に際して注意すべき点は何か。など、インターネットを活用するにあたり、必要な知識を多く含んでいます。

この知識は、情報化社会で生き抜くには、今や必要不可欠かもしれません。
そのため多くの大学で、このマルチメディア検定の、優遇もなされています。

今後、このマルチメディア検定が広く認知されてまいりますと、
就職でも優位に活用できる検定と言えるのでは無いでしょうか。

また、特に仕事では必要としていない方でも、ご自分でブログなどを立ち上げている方は、数多くいらっしゃると思います。
ブログは、インターネットを利用したコミュニケーションツールの代表格。
まさに、このマルチメディア検定の知識が、大きく活きる事でしょう。

専業主婦や、既に定年された方でも、挑戦する価値のある検定だと思います。